名作図書館

ツクール名作図書館へようこそ。本図書館は、ユーザーのみなさんの手によって生み出された数多の名作に敬意を表し、その功績を未来に伝えるために設立されました。新旧を問わず、さまざまなカタチで“名作”と呼ぶにふさわしいツクール作品をご紹介してまいります。作品は今後も続々と増えていきます。あなたの作品も、いつか当館に収蔵させていただく日がくるかもしれません。 ※プレイ環境の関係で、現在ではプレイ不可能となっている作品も含まれることがございますが、あらかじめご了承くださいませ。 ―館長より―

物念世界

ツール RPGツクール VX Ace
ジャンル ホラー
作者 リリティー
リンク 作者のサイトへ

無垢な少女と「物」が織り成す 和風のゴシックホラー世界

 『物念世界』は、少女が「物」の世界に迷い込むホラーアドベンチャーだ。少女が不気味な夜店で買った手鏡、人形、そして花札を基調とした3つの世界が舞台になっており、そこで待ち受けるさまざまなできごとを、頭を使ってひとつひとつ解決していくことになる。
 ホラーというジャンルではあるが、本作は生理的な嫌悪感や恐怖を誘うようなゲームではない。美しいグラフィックやどこか郷愁を誘われる世界観だというのも理由だが、何よりも主人公である少女、凛のキャラクターによる所が大きい。黒い和服におっとりした口調という表面的な愛らしさに加えて、少々天然の気のある言動にも癒される。他の作品ならキャラクターが恐れおののくような場面でも、凛の行動は常にゆったり。彼女を嫌いだという人はいないだろう。ホラーゲームは苦手だという人も、凛と一緒なら怖くない、かもしれない。見ているこちらも落ち着いた気持ちで楽しむことができるのだ。作者曰く「お化け屋敷感覚」とのこと。
 ゲーム自体は、キャラクターを操作してマップの探索と謎解きを行なうもので、行動によってエンディングが変化するマルチエンディングとなっている。時には、選択を誤ると即座にバッドエンドになってしまう場面も。しかしこうした即死系バッドエンドの後は直前から再開できたりと、プレイアビリティにも心が配られている。
 ホラーだからと敬遠したり身構えたりすることなく、美しく不思議な世界の探索を楽しんで欲しい。