名作図書館

ツクール名作図書館へようこそ。本図書館は、ユーザーのみなさんの手によって生み出された数多の名作に敬意を表し、その功績を未来に伝えるために設立されました。新旧を問わず、さまざまなカタチで“名作”と呼ぶにふさわしいツクール作品をご紹介してまいります。作品は今後も続々と増えていきます。あなたの作品も、いつか当館に収蔵させていただく日がくるかもしれません。 ※プレイ環境の関係で、現在ではプレイ不可能となっている作品も含まれることがございますが、あらかじめご了承くださいませ。 ―館長より―

奇譚イワナガ

ツール そのほかのツクール
ジャンル シューティング
作者 蓮田
リンク 作者のサイトへ

高クオリティ! 和風な世界観のシューティング

 『奇譚イワナガ』は「シューティングツクール95」で作られた、横スクロールのアクションゲームだ。「高度経済成長から取り残された山村で起きた怪異の物語」という設定で、全編に独特の雰囲気があふれている。
 「シューティング」といえば「空飛ぶ自機とショットとボム」というステレオタイプを想像するが、本作は「地上を歩く自機+動かす照準」という形態で、ジャンプも重要な要素になっており、アクションゲームとしての色も強い。2種類の武器を使い分けるショットも、ひとつの武器を使い続けると威力が低下するが、もう一方の武器は回復して威力も上がるという、独自のエネルギーゲージを使用している。それとは別に、敵の弾幕を消し去ることもできる近接攻撃も存在。まずこれらの操作に慣れるまでが一苦労だろう。
 キーになるのは、無敵状態になるジャンプやダッシュだ。これらの回避行動中は、敵や弾に当たってもダメージを受けることはないが、代償として、体力とは別の「時間」ゲージを消費する。「時間」がゼロになると体力が減り始めてしまうため、無闇には使えないわけだ。かといって、単純な左右移動だけでは限界がある。この辺の組み立てが難しいところでもあり、楽しいところでもあるのだ。正直言って取っ付きは良くないのだが、キャラを鍛えるRPGとは異なり、プレイヤー自身の腕が上がっていく過程を楽しめるところは、スポーツにも通じよう。なお、3段階の難易度が用意されており、一番簡単なEASYモードなら、こうしたアクションシューティングに不慣れな人でも、なんとか頑張れるはずだ。システムもさることながら、ゲームバランスもお見事としか言いようがない。
 ちなみに、本作にはコンティニュー機能は無い。一度やられてしまえば、また最初からだ。昨今見られない硬派な仕様。1枚の100円硬貨にすべてをかけるアーケードゲームのつもりで遊んでみよう。