名作図書館

ツクール名作図書館へようこそ。本図書館は、ユーザーのみなさんの手によって生み出された数多の名作に敬意を表し、その功績を未来に伝えるために設立されました。新旧を問わず、さまざまなカタチで“名作”と呼ぶにふさわしいツクール作品をご紹介してまいります。作品は今後も続々と増えていきます。あなたの作品も、いつか当館に収蔵させていただく日がくるかもしれません。 ※プレイ環境の関係で、現在ではプレイ不可能となっている作品も含まれることがございますが、あらかじめご了承くださいませ。 ―館長より―

停滞少女

ツール RPGツクール 2000
ジャンル RPG
作者 うた
リンク 作者のサイトへ

過去を捨てた少女と 時が止まった世界

 主人公であるアリスと、「大時計」の管理者ティスカ。「時計の国」の人間はこの二人だけで、それ以外の存在といえば、「闇人」と呼ばれる謎の黒い生物。大時計は別世界「命の台地」の時を管理していたが、大時計の針が飛散してしてしまい、今は命の大地の時間も停止している。困っているティスカの力になりたくて、針が散らばった命の大地へと向かったアリスだったが、彼女はそこで奇妙な光景を目にする。どうやらそれは、彼女が時計の国に来る前の過去の記憶らしいのだが…。
 そんなわけで、時が止まった命の大地を探索して「時計の針のカケラ」を入手するのが目的だ。煙突の煙さえも凍りついたように動かない命の大地、闇人が蠢く時計の国と、とにかく暗い雰囲気の世界だが、その薄暗さが幻想的でもある美しいグラフィックは相当作りこまれており、一見の価値アリ。どこでもセーブできるという手軽さも含め、遊ぶ手が止まらなくなる魅力がある。
 自作の戦闘システムもそのひとつだ。攻撃や防御、逃走といった戦闘コマンドを、あらかじめ自分で選んで装備しておくという点が非常にユニーク。コマンドは5つまで装備できるが、スキルや使用するアイテムも数に含むので、なかなか取捨選択に悩まされるわけだが、エンカウントしやすい敵に応じて使うスキルを変更したり、ボス戦の前に回復アイテムを選択しておくなど、戦略を考えて装備を整えるのは楽しい作業だ。アリス自身についても、戦いで得た経験値をすぐに好みのパラメータに振り分けることができる。一戦ごとに確実に強くなれるので、レベル上げのような作業感が一切なく、飽きが来ないのだ。もし負けてしまっても、ペナルティは復活地点に戻されることだけだ。
 どちらかといえば短編で、楽しく遊んでいるだけでいつの間にか結末にたどり着いてしまうが、もっともっとこの世界に浸っていたいと思わせられる作品だ。