• iЉ
  • RPGcN[VX Ace
  • RPGcN[DS{
  • cN[V[YfޏW a
  • RPGcN[DS
  • ANVQ[cN[
  • RPGcN[VX
  • PRGcN[XP
  • PRGcN[2000
  • cN[فiij
  • cN[فiij
  • cN[فiij
 

ツクール博物館(旧製品情報)

※ここで紹介しているものは、すべて生産終了した製品となります。購入などについてお問い合わせいただいてもお答えしかねますのでご了承ください。

RPGツクール
PS2
2004年12月
キャラクター、マップすべてが3Dグラフィックでリアルに表現されたRPGツクールです。映画のワンシーンのような場面を簡単に作れるストーリーテラー機能や建物パーツを置いていくだけで町が作れるなど、作りやすさの面でもパワーアップしています。
RPGツクール アドバンス
GBA
2003年4月
ゲームボーイアドバンス版のRPGツクールです。テストプレイをしながら、イベントの配置や編集ができる新機能イベントエッグを搭載! 遊びながらゲームが作れるツクールです。戦闘システムはサイドビューバトル方式。作りやすさ、見た目のカッコよさがパワーアップしています。通信ケーブルと『ターボファイルアドバンス』に対応しているので、友達とのゲーム交換も可能です。
3D格闘ツクール2
eb!コレ 3D格闘ツクール2
PS2
2002年8月/2003年9月(eb!コレ版)
プレイステーション2版となって、キャラクターの顔、髪型、コスチュームまでがエディットできるようになった3D格闘ゲーム作成ソフトです。空手、プロレスなど6つの格闘技、合計600種類以上のサンプルモーションが収録されており、オリジナルの必殺技をより簡単に作れるようになりました。
RPGツクール5
PS2
2002年8月
RPGツクールで初めて3Dグラフィックを取り入れたRPGツクールです。四角いブロックを積み木のように組み合わせる感覚で、奥行きのあるマップを作ることができます。キーボードを使った文字入力が可能となり、上級者向けの機能としてスクリプト編集機能が搭載されました。
うちゅう人田中太郎で RPGツクールGB2
GB
2001年7月
コロコロコミック(小学館刊)で連載されていた『うちゅう人田中太郎』のキャラクターたちが素材として使えるゲームボーイ版RPGツクールです。そのほか1枚絵を表示できるイベントシーン機能や会話時の顔グラフィック表示機能が追加され、演出面もパワーアップしています。
音楽ツクール3
PS
2001年3月
音符が苦手な人でも音色をためしながら作曲が楽しめる、音楽作成ソフトのプレイステーション版です。感覚で音を入力していけるピアノロール機能、音の鳴るタイミングや音階を調整できるイベントリスト機能など、曲のアレンジも楽しめます。作成した音楽データは『RPGツクール4』で使用することも可能です。
RPGツクールGB
GB
2000年3月
いつでもどこでも、気軽にRPGを制作できるゲームボーイ版RPGツクールの第1弾です。通信機能を使って、友だちとデータを交換することが可能です。ふたり一組となって、共同作業で作品を作るゲームコンテスト『タッグでツクール!コンテスト』も開催されました。
RPGツクール4
PS
1999年12月
シリーズ初のサイドビューバトルシステムを採用したRPGツクールです。“職業”の要素が取り入れられ、“戦士”“魔法使い”といったキャラクターの特徴を手軽に表現できるようになりました。魔法のエフェクトにムービーを使用することが可能になり、迫力ある戦闘シーンを作ることができます。キャラクターや敵の絵を自作できるグラフィックツール『キャラクターツクール』も同梱。
シミュレーションRPGツクール
eb!コレ シミュレーションRPGツクール
PS/SS
1998年9月/2001年11月(eb!コレ版)
マップ上のユニット(キャラクター)を動かして戦わせ、敵地を攻略していくシミュレーションRPGが簡単に作れるツクールです。戦略マップだけでなく、キャラクターやイベントなど、シミュレーションRPGに必要な要素はすべてエディットすることができます。
3D格闘ツクール
PS
1998年7月
理想の格闘家を思いのままに作れる3D格闘ゲーム作成ソフト。あらかじめ用意されているキャラクターモデルは20種類。キャラクターの各関節を動かしてモーションを細かく設定することができます。友だちの作ったキャラクターと対戦させることも可能です。
音楽ツクール かなでーる2
音楽ツクール かなでーる2廉価版
PS
1998年3月/2000年5月(廉価版)
手軽にDTMが楽しめるプレイステーション用音楽作成ソフトです。同時発音数24音、105種類以上の音色が用意され、シーケンサー機能も充実しています。コードとリズムパターンを選ぶだけで伴奏をつけてくれる自動伴奏モードを搭載。作成した曲データは『RPGツクール3』などで使用することも可能です。
RPGツクール3
RPGツクール3 PlayStation the Best
PS
1997年11月/1998年11月(PlayStation the Best版)
プレイステーション版RPGツクールの記念すべき第1弾です。CD-ROMとなり、グラフィック、音楽のクオリティも格段にアップ。フィールドマップの概念がなくなり、世界地図の上で目的地を選ぶだけでマップ移動が可能になりました。キャラクターや敵の絵を自作できるグラフィックツール『アニメティカ』も同梱されています。
サウンドノベルツクール2
PS/SS
1997年9月(PS)/1997年12月(SS)
用意されたグラフィックや命令を組み合わせていくだけで、デジタルノベルが作れるツクールです。CD-ROMならではの大容量を活かし800種類以上のグラフィック素材、100種類以上の音楽素材が用意されています。伊集院光氏のラジオ番組でシナリオを募集したサンプルゲーム『卒業証書』も収録。
3Dシューティングツクール
PS
1996年12月
ポリゴンで立体的に構成されたシューティングゲームが簡単に作れるツクールです。300種類以上用意されたサンプルモデルから好きなものを敵キャラとして選び、攻撃方法を決めてマップ上に配置していくだけで、オリジナルシューティングゲームが完成します。
サウンドノベルツクール
SFC
1996年5月
小説に、効果音やBGM、映像効果などの演出が加わった“デジタルノベル”を作成できるツクールです。カードと呼ばれるイベントシーンをつないでいくことで物語を作ります。アイテムを変数代わりに使い、物語を複雑に分岐させることもできました。
音楽ツクール かなでーる
SFC
1996年4月
スーパーファミコンで本格的な作曲が楽しめる音楽作成ソフトです。画面上の楽譜にひとつひとつ音符を置いていくだけでオリジナルの音楽が作れます。サテラビュー用メモリーパックに対応しており、作った曲を『RPGツクール2』などで使用することができます。
RPGツクール2
SFC
1996年1月
スーパーファミコン用RPGツクールの第2弾です。キャラクターのサイズが大きくなったり、マップチップ単位でのマップ編集が可能になるなど、表現力が大幅に向上しました。また、サテラビュー対応で、衛星データ放送を介してゲームデータをダウンロードすることができました。
RPGツクール SUPER DANTE
SFC
1995年3月
『RPGツクール Dante98』をベースにした、シリーズ初のスーパーファミコン用RPGツクール。スーパーファミコンならではの美麗なグラフィック、高品質な音楽が特徴です。ダンジョンや町などは、用意されているパーツを組み合わせて作ることができます。