• 製品紹介
  • RPGツクールVX Ace
  • RPGツクールDS+
  • ツクールシリーズ素材集 和
  • RPGツクールDS
  • アクションゲームツクール
  • RPGツクールVX
  • PRGツクールXP
  • PRGツクール2000
  • ツクール博物館(旧製品情報)
  • ツクール博物館(旧製品情報)
  • ツクール博物館(旧製品情報)
 

ツクール博物館(旧製品情報)

※ここで紹介しているものは、すべて生産終了した製品となります。購入などについてお問い合わせいただいてもお答えしかねますのでご了承ください。

RPGツクール2003
Windows
2002年12月
『RPGツクール2000』の機能改良&追加バージョンです。戦闘にサイドビューバトルを採用したほか、『RPGツクール2000』で作成したゲームデータを引き継ぐ“データコンバート”機能も搭載。初回特典には、iアプリ対応のRPGツクールを同梱。
キャラクターツクールPro.
Windows
2002年12月
ツクールに特化した256色ドット絵専用グラフィックツールの決定版! 256色以下の画像に付き物の“カラーパレット”の編集機能を充実させ、オリジナルグラフィックを描きたいというアナタの意気込みをサポートする製品です。サンプルドット絵集も大量に収録。
音楽ツクールDX
Windows
2002年1月
前作『音楽ツクール95+』にピアノロールエディタやギターツールなどの機能が追加されてパワーアップ。さらに、リアルタイム入力やトラックのソート・表示/非表示が可能になったことなどで使いやすくなった、初心者向けDTMソフトです。
2D格闘ツクール2nd.
Windows
2001年12月
エディタも作成できるゲームも大幅にパワーアップした、ツクールシリーズの革命児『2D格闘ツクール95』の続編。ご自分で作成されたグラフィックや音楽を素材に、ハイクォリティなオリジナルの2D対戦格闘ゲームが作成できます。
恋愛シミュレーションツクール2
Windows
2001年12月
タイプはアドベンチャー・ノベル・シミュレーション、テーマは恋愛でも推理でもアナタのお好みのままに! 好評だったキャラクターモンタージュは男性キャラも対応し、“恋愛シミュレーション”に留まらないさまざまなゲームを作れるようになりました。
恋愛シミュレーションツクール
恋愛シミュレーションツクール VALUE!
Windows
1999年10月/2001年11月(VALUE!版)
これまでにはない“時間管理<カレンダー>機能”をメインとした、恋愛シミュレーションゲーム作成ソフトです。キャラクターモンタージュ機能で、アナタの好みに合わせた女の子の作成も自由自在! そのほかの素材データも多数収録されています。
グルーヴマスター
Windows
1998年11月
プリセットパーツを並べていくだけで、音楽の知識がなくても簡単に楽曲が作成できるリミックスソフト。プリセットパーツには、テクノ調のフレーズが100種類用意されています。自作した曲を読み込んでリミックスすることも可能です。
3DCGツクール95
Windows
1998年8月
『CGツクール for Windows』のポリゴンエディタを大幅にパワーアップさせた“GEO EDIT”を搭載。さらに高機能にバージョンアップした、3DCG作成ソフトです。
キャラクターツクール95
キャラクターツクール95 VALUE!
Windows
1998年8月/2001年11月(VALUE!版)
256色の画像が扱える、ドット絵の作業に特化したグラフィックツールです。今作では、レイヤーのほか、ドット絵のアニメーションをAVIで出力するなど、多数の便利な機能を搭載。『RPGツクール95』用のサンプルグラフィックも同梱されています。
シミュレーションRPGツクール95
シミュレーションRPGツクール95 VALUE!
Windows
1998年5月/2001年11月(VALUE!版)
戦略の舞台となるフィールドマップや戦闘アニメーションの作成が容易に行なえる、シミュレーションRPG作成ソフト。クラスチェンジやキャンペーンイベントなど、シミュレーションRPGに欠かすことのできないイベントもあらかじめ用意されています。
2D格闘ツクール95
Windows
1998年1月
格闘ゲームファンが待望していた、ツクールシリーズ初の2D格闘ゲーム作成ソフト。キャラクターの必殺技のコマンドやそのモーション、エフェクトやデモなど、格闘ゲームを構成する様々な要素を設定できます。
シューティングツクール95
シューティングツクール95 VALUE!
Windows
1998年1月/2001年11月(VALUE!版)
Windows版初のシューティングゲーム作成ソフト。エディターが一新され、ステージに“イベント”を置けるようになりました。これにより、スクロール方向を変えるなど、様々なゲームの要素を制御できるようになり、より奥深い設定が可能となっています。
スクリーンセーバーツクール95
Windows
1997年9月
用意したグラフィックに表示方法や動き方を決めることで、簡単にWindows用のスクリーンセーバーを作成できるソフトです。背景やBGMなども設定可能。サンプルデータとして『トゥルー・ラブ・ストーリー』『天からトルテ!』のキャラクターを収録しています。
音楽ツクール95
音楽ツクール95+
音楽ツクール95+ VALUE!
Windows
1997年6月/1999年5月(+版)/2001年11月(VALUE!版)
DTM(デスクトップミュージック)を始めるのに必要なものがすべて入ったシーケンサーソフト。作成した曲はスタンダードMIDIファイルで保存が可能なので、ツクールで作ったゲームのBGMにも使えます。ソフトウェアMIDI音源(YAHAMA S-YG20 Ver3.0)を同梱。
RPGツクール95
RPGツクール95 VALUE!
Windows
1997年3月/2001年11月(VALUE!版)
初めてのWindows版RPGツクールです。使用できる色数がこれまでの16色から256色となってグラフィックがキレイになったほか、動画などのマルチメディアファイル再生にも対応し、家庭用並のゲームの作成が可能となっています。
RPGツクールDante98II
PC-9801
1996年7月
好評だった『RPGツクールDante98』の続編。使いやすさはそのままに、階層のついたマップ、変数の導入など、さまざまな面がパワーアップされています。
CGツクール3D for Windows
Windows
1996年2月
『CGツクール3DII』の機能をさらに洗練し、レンダラーを高速化して作成待ち時間を短縮したWindows版3DCG作成ソフト。他のツールで作成したDXF形式のモデルのコンバータやTrueType Fontを3D化するツールも付属しています。
アドベンチャーツクール for Windows
Windows
1995年11月
『アドベンチャーツクールII』から、WAV、MIDI、AVIなどのマルチメディアファイルの再生が強化された、Windows版アドベンチャーゲーム作成ソフト。256色のグラフィック表示が可能になり、より美麗なゲームが作成できます。
お絵描きツール for Windows MOCHA
Windows
1995年10月
256色および16色画像の作成と編集に特化したグラフィックツールです。異なるパレットの画像をコピーしたとき、自動的に近い色に変換してくれます。多数の画像形式に対応しており、コンバータとしても便利なソフトです。
シューティングツクールV
DOS/V
1995年9月
『シューティングツクール98』のDOS/V版です。『シューティングツクール98』のデータをコンバートして使うことも可能で、サンプルには、コンテストで受賞したユーザー作品22タイトルが収録されています。この製品からメディアがCD-ROMとなりました。
CGツクール3DII ログイン版ミラージュVer.2
PC-9801
1995年6月
マッピング機能を使ってテクスチャーを張ることができるようになった、3DCG作成ソフトの第二弾。物体の連続コピーやアトリビュートの色設定がマウスで簡単に行なえます。完成したCGをWindows上でフルカラーで見るためのソフト『RGB View』も付属。
マルチゲームScripter
PC-9801
1994年12月
C言語をベースに独自の拡張を加えた、ゲーム特化型の言語ソフト。テキストエディターやアニメーションエディターを標準装備しており、すぐにゲームプログラミングが始められるようになっています。
16色ぱたぱたアニメツクール
PC-9801
1994年12月
1ページごとに表示時間、BGMや効果音の設定ができるため、より演出面でこだわりが出せるようになった、『ぱたぱたアニメツクール』のカラー対応版。サンプルとして、『マクロスプラス』で実際に使用した原画のアレンジが収録されています。
音楽ツクール for Windows ログイン版Music Magic
Windows
1994年11月
Windows3.1に対応したシーケンサーソフトです。『音楽ツクール』で好評だった、マウスによる簡単操作での楽譜入力はそのままに、FM音源だけでなくMIDI音源でも作曲・演奏が楽しめます。
アドベンチャーツクールII
PC-9801
1994年9月
PCの機能向上に合わせ、質の高いアドベンチャーゲームが作成できるようになったアドベンチャーツクールです。アニメーション機能が追加されたほか、サンプリングした音声をビープ音で再生させ、登場人物にしゃべらせることもできます。
シューティングツクール98
PC-9801
1994年9月
横および縦スクロールのシューティングゲームが作成できるツールです。自機や武器、敵キャラなどのグラフィックが自作でき、さらにその動きや性能などを細かく設定できます。ソフト自動販売機『TAKERU』で販売されていた『バカスカウォーズ』のハードディスク対応版。
256色お絵描きツール
PC-9821
1994年8月
1677万色中256色を同時に使用できる、簡単操作のグラフィックツールです。前作『お絵描きツール』などの16色画像の読み込みも可能なほか、WindowsのBMP形式も使用できます。
キャラクターツクール98
PC-9801
1994年6月
キャラクターやマップなどのグラフィックを作成するための、いわゆるドット絵専用グラフィックツール。『RPGツクール Dante98』に完全対応しており、キャラクターのアニメーションの確認などが描きながら行なえるようになっています。
ダンジョンRPGツクール だんだんダンジョン
PC-9801
1994年4月
サイコロ状の壁を積み木のように並べたり積み重ねたりして作ったダンジョンを舞台とした、『ダンジョンマスター』風のゲームが作ることができるRPGツクール。もちろん、落とし穴などの罠や、落ちているアイテムを拾うといった仕掛けも作成できます。
音楽ツクール ログイン版ミュージアム
PC-9801
1994年3月
PC-9801シリーズの内蔵音源(FM音源3音+PSG音源3音の計6音)による演奏が楽しめる入門者向けシーケンサー。アイコンをクリックするだけの簡単操作で楽譜が作成できる、『ミュージアム』の廉価版です。
ポリゴンモデリングツクール
PC-9801
1993年12月
ポリゴンを使った3次元の物体を作る、モデリングツール。モデルの作るには、まず頂点を決め、それらをつなげることで面を作ります。その面を組み合わせることで、モデルを作っていくという具合です。作成したモデルを使って、アニメーションを作成することもできます。
ポリゴンシューティングツクール
PC-9801
1993年12月
ポリゴンのモデルで構成された、3Dのシューティングゲームが作成できるツクールです。攻撃方法や耐久力・動きなどを決めた敵キャラをステージに配置していくことでゲームを作ります。『ポリゴンモデリンクツクール』で作成したモデルを使うことも可能です。
書画ツクール
PC-9801
1993年9月
マウスを使って、筆文字から水墨画、イラスト、絵画が自在に描ける一風変わったお絵描きツール。筆独特のにじみ、かすれ、はねなどの微妙なタッチも表現できます。書道のような文字を書いてみたいけど、わざわざ習うのは……、という人にうってつけのソフトです。
ぱたぱたアニメツクール
PC-9801
1993年6月
教科書の隅などに少しずつ変化をつけた絵を描いて、パラパラ~っとめくることでアニメーションさせる、そんなパラパラマンガの要領でアニメを作るツクールです。モノクロの絵しか扱えませんでしたが、あらかじめ用意されたトーンが使用できます。
RPGツクールDante98
PC-9801
1992年12月
ゲーム中に起こるできごとを“イベント”という形で作成し、その積み重ねでストーリーを表現していくRPG作成ソフト。簡単なシステム、そして設定がそのまま目に見えるわかりやすさが最大の特徴です。
CGツクール3D ログイン版ミラージュ
PC-9801
1992年11月
3DCG作成ツール『ミラージュ』を、難しい機能を削って初心者向けにした廉価版。色や質感を設定した立方体や球、円柱でジオラマを作り、それにライティングや大まかなカメラ位置を決めて1枚のCGを作り出すことができます。
お絵描きツール ログイン版アートマスターコア
PC-9801
1992年6月
グラフィックツール『アートマスターコア』から、印刷やスキゃナーからの取り込みなどの機能を省いた廉価版です。このソフトで描いたCGは、『アドベンチャーツクール98』で読み込むこともできます。
アドベンチャーツクール98
PC-9801
1992年3月
プレイヤーが画面の任意の場所をクリックすることで物語が進行していくタイプのアドベンチャーゲームが作成できるツクールです。フロッピーディスク付きの書籍、ログインDISK&BOOKシリーズの第一弾。