最終更新日:2014/11/17
エディターの最新バージョン:Ver1.05b

『RPGツクールXP』アップデータについて

このたびは『RPGツクールXP』をお買い上げいただき、誠にありがとうございます。このページでは、『RPGツクールXP』の最新のアップデートファイルがダウンロードできます。アップデートファイルを使用すると、以下の修正、変更が行われます。内容をよくご確認のうえ、ご利用ください。

<重要>
今回のアップデートには認証システムの変更が含まれますため、バージョンアップされたRPGツクールXP本体(エディタ)を再インストールしていただく形となります。そのため、本アップデートを適用される際は、インストール済みのエディタをアンインストールをした上で実行していただきますようお願い申し上げます。

※Ver.1.05、Ver.1.05aで認証済みのパソコンの場合、Ver.1.05bへ更新後も認証は発生せず、そのままご利用いただけます。

RPGツクールXP 本体 Ver1.05b


《Ver1.05bアップデート内容》

《本体側の変更点》
  • Windows8.1の一部利用環境で、認証画面のレイアウトが崩れてしまう不具合を修正しました。
  • ※今回のアップデート内容にエディター機能の修正は含まれておりません。

※バージョンアップ後、最初の起動時に新しい認証システムによるネットワーク認証が必要となります。ご購入いただいた際のプロダクトキーをそのままご利用いただけますので、画面の指示に従って入力を行なってください。

※『RPGツクールXP VALUE!』ならびに『RPGツクールXP』をお持ちの方は、本アップデータ(Ver1.05b)を適用することで64bitOS上でのご利用が可能となります。

アップデータを利用するときの注意
アップデートを実際に行なうまえに、以下の注意点をよくお読みになり、内容をご確認いただいたうえでアップデートを行なってください。
  1. 作成中のゲームデータのバックアップを必ず取っておいてください。
  2. アップデートを行なうまえに、起動しているアプリケーションをすべて終了させてください。
  3. ダウンロードしたアップデータを実行すると、通常のエディタのインストーラーが起動するようになっています。
  4. ダウンロードしたアップデータは、個人的に利用することのみを前提としています。2次的に配布するのは禁止させていただきます。また、逆アセンブルなど、解析、改造してのご利用もご遠慮ください。

アップデート方法
  1. アップデート作業を行なうまえに、念のため作成中のゲームのバックアップをお取りください。
  2. 下のリンク先より、“RPGXP_UPD.exe”をダウンロードしてください。
  3. ダウンロードした“RPGXP_UPD.exe”をダブルクリックすると、ファイルが解凍されてフォルダが作成されます。
  4. フォルダ内の“Setup.exe”をダブルクリックすると、エディタのインストーラーと同じ画面が表示されますので、そのまま画面の指示に従って進めてください。
  5. エディタを立ち上げて、[ヘルプ]→[バージョン情報]をご覧ください。“バージョン情報”のウィンドウ内の一番上に“RPGXP Version 1.05a”と表示されていれば正常にバージョンアップが行なわれたことになります。
  6.   




ダウンロード
『RPGツクールXP』アップデータ Ver1.05b 【ダウンロード】 (15.7MB)



■過去のアップデート内容(Ver1.05bですべて修正されます)
《本体側の変更点》
  • 64bit版のWindowsにおいて、インターネット接続によるネットワーク認証(アクティベーション)が正常に行なわれるように修正しました。
  • ゲームデータの保存時に、RGSSのDLLをゲームフォルダにコピーする仕様に変更しました。
    ※この仕様変更により、RTPのアップデートが必要なくなりました。
  • Windows Vista (日本語版) 環境において、インターネット接続によるネット認証(アクティベーション)が正常に機能しない不具合を修正しました。
  • スクリプトエディターの[全セクションから検索]において[大文字と小文字を区別する]のチェックを外した際の動作が正しくない不具合を修正しました。
  • Internet Explorer のプロキシ設定で 5 桁のポート番号が指定されている場合、アクティベーションウィンドウにおいて「4 文字以内で入力してください」というメッセージが表示され、正常に認証情報の入力を行うことができない不具合を修正しました。
  • アクティベーション機構の誤動作により、エディターを起動することができなくなってしまうことがある不具合を修正しました。
  • イベントコマンド [条件分岐] の [エネミー] → [ステート] において、コマンドの再編集時にステートID がずれている不具合を修正しました。
  • スクリプトエディターの [全セクションから検索] において、検索結果として表示される行番号の数字が 1 小さい不具合を修正しました。
  • 一部環境において、データベース上でのアニメーションの再生に遅延が生じる不具合を修正しました。
  • 一部環境において、動作環境を満たしているにもかかわらず起動時に警告が表示される場合があったため、CPU の速度判定処理を廃止しました。
  • 本ソフトのご利用に必要なネットワーク認証システムが変更されました。この変更により、ネットワーク認証は初回起動時の1回のみとなります。
  • 素材を一括でエクスポートする際、2つ目以降のファイルのエクスポートが正常に動作しない不具合を修正。
  • イベント編集時に[適用]ボタンを押した後に[イベントページクリア]を実行した際、[キャンセル]操作を行っても元の状態に戻らない不具合を修正。
《RGSS側の変更点》
  • 一部環境にて、本体やゲームの起動時にエラーメッセージが表示されることがある不具合を修正しました。
  • アニメーションの表示にて、回転角度が設定されたセルに対して[画面のシェイク]等による表示位置のずれが反映されない不具合を修正しました。
  • 組み込みクラス Bitmap のメソッド draw_text において、小文字の「j」などの文字を先頭に描画すると強制終了してしまう不具合を修正しました。
  • 組み込みクラス Win32API において、API をコールした直後に強制終了してしまう不具合を修正しました。
  • MEの演奏開始直後に F12 キーを押してリセットを行ったとき、タイトル画面の BGM が演奏されない不具合を修正しました。
  • きわめて大きな画像を回転描画させた際に強制終了する場合があったため、回転描画が可能な画像のサイズを 2048×2048 までに制限しました。
  • 一部環境において、動作環境を満たしているにもかかわらず起動時に警告が表示される場合があったため、CPU の速度判定処理を廃止しました。

Ver1.03以前のプロジェクトをVer1.05bに対応させる方法

Ver1.04より、プロジェクト(ゲームデータ)の保存時に、自動でRGSSのDLLをゲームフォルダにコピーする仕様に変更されました。

Ver1.03以前のエディターで作成されたプロジェクトについては、以下の手順でVer1.05aに対応させることができます。

  1. 上記のアップデート方法にて『RPGツクールXP』をVer1.05bにアップデートします。
  2. エディター上からVer1.05bに対応させたいプロジェクト(ゲームデータ)を開きます。
  3. [プロジェクトの保存]を実行します。これで、Ver1.05bに対応したプロジェクトとなります。