WAVEデータ一括変換ツール
■Change Wave■

2003/05/14公開 Ver1.00


 『ChangeWave』について

『ChangeWave』は、通常のWAVE(PCM)データをMicrosoftADPCM形式のWAVEデータに変換するツールです。WAVE(PCM)データからMicrosoftADPCMへの変換は、Windows内のサウンドレコーダーから行なうことができますが、この場合、MicrosoftADPCMへの変換はひとつずつしか行なえません。本ツールを使用することでフォルダ内のWAVEデータを一気に変換することができます。通常のWAVE(PCM)データをMicrosoftADPCM形式に変換することで、データ容量をもとの約半分ほどに圧縮することができます。この『ChangeWave』は無料でご利用いただくことができます。


■動作確認環境■

Microsoft(R) Windows(R)98/98SE/Me/2000/XP 日本語版対応

※上記OSで一通りの動作確認を行ないましたが、ソフトの性質上、完全にその動作を保証するものではありません。本ソフトの使用は、お客様の自己責任範囲内で行なってください。
※Windows95での動作は保証しておりません。


 使用方法
このツールを利用する際にインストールの必要はありません。『ChangeWave』フォルダ内にある『ChangeWave.exe』をダブルクリックしてください。削除する際はフォルダごと削除してください。

1:
ウィンドウ内の「変換元フォルダ」で変換したいWAVEデータの入っているフォルダを指定し、「変換先フォルダ」で変換後のファイルを置きたいフォルダを指定します。「オプション」では任意にMicrosoftADPCMのサンプリングレートとスピーカーのステレオ/モノラルを設定することができます(“元データと同じ”を選択した場合は、元データの情報を引き継ぐことになります。基本的には“元データと同じ”を使用した方が最も高い効果を得られます)。
   
2:
フォルダを指定したら、ウィンドウ左下にある『変換』のボタンをクリックします。『変換終了』のウィンドウが表示されれば、元のWAVE(PCM形式)データは、MicrosoftADPCM形式のWAVEデータへと変換されています。Windows内のサウンドレコーダーを使った場合、ひとつずつデータを変換する作業を行なわなければなりませんが、『ChangeWave』を使えば、たくさんのファイルを一括して変換することが可能です。


 注意事項
・変換元フォルダと変換先フォルダを同じにした時は上書き処理されます。上書きされたファイルは二度と元の状態には戻りませんので、あらかじめデータのバックアップを行なうようにしてください。
・「オプション」で元のデータより高い設定を行なっても音質が改善されることはありません。また、モノラルデータをステレオ設定に変換しても左右とも同じ音が流れます。
・本ソフトを使用するにあたって起こったいかなる障害に関しましても、弊社は一切の保証を行ないません。あらかじめご了承ください。
・『ChangeWave』は、株式会社エンターブレインの文書による許諾なく、データの複製や、営利、非営利を問わず2次配布を禁止します。

 ChangWaveのダウンロード

 『ChangeWave Ver1.00』 【ダウンロード】(自己解凍形式) (408KB)