『RPGツクール2003』修正パッチ 過去の更新情報

○仕様の追加
■Ver1.05 2003/05/14
●イベントコマンド「文章の表示」において、主人公の名前に置き換える特殊文字『N』のパラメータとして、変数の値に置き換える特殊文字『V』を使用した表記(“N[V[1]]”など)が可能になりました。
● ピクチャーの最大枚数が、40枚から50枚に引き上げられました。
● 戦闘アニメの表示優先順位が、ピクチャーよりも上に変更されました。
● イベントコマンド「キー入力の処理」において方向キーの上下左右の入力許可を別々に設定できるようになりました。
● キー入力の処理に「Shiftキー」が追加されました。なお、このキーはゲームパッドの 4、5、6 ボタン(全て)に対応します。
● デフォルト(決定キーを押しっぱなしにしていない状態)のメッセージスピードが若干速くなりました。
● ランダムエンカウントにおける歩数のばらつきが少なくなりました。
● 効果量変動率0%の属性が設定されているなどの理由でダメージ値が0となった場合、従来はランダムで1ダメージ出ることがありましたが、必ず0ダメージになるように変更されました。
● MP3ファイル、およびMicrosoft ADPCM形式(※)で圧縮されたWAVファイルの演奏ができるようになりました。MP3については、BGMとしてのみ使用可能です。

※Microsoft ADPCM形式とは、PCM(無圧縮)形式のWAVEファイルを圧縮し、データ量を軽減させるための保存形式です。今回のアップデータ公開にあわせて、PCM(無圧縮)形式のWAVEファイルを一括してMicrosoft ADPCM形式のWAVEファイルに変換できるツールをご用意させていただきました。変換のためのツールはコチラからダウンロードしていただくことができます。
【WAVEファイル変換ツール『ChangeWave』のダウンロード】

■Ver1.04 2003/03/01
●状態異常になった敵にカーソルを合わせると、その状態名が優先順位の高い順に一行ウィンドウで表示されるようになりました。
●テストプレー中に[F9キー]を押すことで起動するデバッグモードにて、変数に代入する数値を7桁まで入力できるようにしました。

■Ver1.03 2003/02/05
●戦闘時のコマンド選択中、対象のキャラクターが点滅するようになりました。
●戦闘中に表示されるダメージ数値の表示速度を遅めに調整しました。
●イベントコマンド[戦闘の処理]で[戦闘背景]の設定に[地形から選択]の項目が追加されました。

■Ver1.02 2003/01/15
●データベース[システム2]に『向きに合わせてエフェクトを自動反転させる』の設定項目が追加されました。ここにチェックを入れることによって、敵が特殊技能を使った際の戦闘アニメーションが自動的に反転表示されるようになります。
●戦闘時に特殊技能を使った際に『特殊技能名』が、アイテムを使った際に『アイテム名』が1行メッセージウィンドウで表示されるようになりました。


○仕様の変更
■Ver1.05 2003/05/14
●『RPGツクール2000』Ver1.50のエディターで作成されたゲームデータのコンバートが可能になりました。
●戦闘画面のインターフェイスにAタイプを選択したとき、特殊攻撃の選択ウィンドウにキャラクターのマジックポイント値が表示されるようになりました。

■Ver1.04 2003/03/01
●仕様の変更にともない、データベース[戦闘画面]内のレベルアップ(通常パラメータ表示)が削除されました。レベルアップ時のパラメータ表示、非表示の設定については行なえなくなりました。
●複数の属性がついた武器や特殊技能を使った場合の効果量の計算式が以下のように調整されました。
・キャラクターが攻撃したときの効果量の計算には武器や特殊技能に設定されたすべての属性のうち、最も高い効果量変動率を持つものが反映されます。
・効果量変動率の計算は、種別ごとに独立して行われ、両者を掛け合わせたものが最終的な効果量変動率としてダメージの計算に用いられます。このため、例えば効果量変動率が武器属性で200%、魔法属性で50%の場合、最終的な効果量変動率は200%×50%で100%になり、両者の属性効果が相殺される結果になります。
・0未満(マイナス)の数値の属性が存在した場合は、設定されているマイナス値のうち最大のものが、ダメージの計算に用いられます。このため、例えば効果量変動率が武器属性で200%、魔法属性で-50%の場合、最終的な効果量変動率は-50%になり、マイナス属性が優先される結果になります。


○不具合の修正
■Ver1.08 2003/09/23
●敵キャラが特殊技能を唱えるとモジュール違反が発生することがある不具合を修正しました。
●能力上昇の特殊技能で攻撃力を上昇させても、実際の攻撃ダメージに変化がない不具合を修正しました。
●主人公が混乱している状態で戦闘から逃げて、再度戦闘すると前回の戦闘で混乱していた主人公が戦闘開始時に攻撃のアニメーションを行なう不具合を修正しました。
●戦闘不能の主人公を復活させた直後に、特殊技能で敵キャラを倒すとエラーメッセージが表示されてゲームが終了してしまうことがある不具合を修正しました。
●戦闘画面のインターフェイスがAタイプの時に、倒した敵の名前の表示が消えないことがある不具合を修正しました。

■Ver1.07 2003/07/16
●[二刀流]で攻撃した際、攻撃力または属性の異なる武器を装備させた場合、2回行なわれる攻撃のダメージ計算が、いずれも“ダメージの大きい”武器のものに統一されてしまう不具合を修正しました。
●主人公が状態異常[混乱]のとき、戦闘中に遠距離武器を使って、敵グループに順番に攻撃の設定を選択しているとゲームが強制終了する不具合を修正しました。
●戦闘中、主人公を攻撃力が半減または倍増する状態異常にしても、実際に敵に与えるダメージが変化しない不具合を修正しました。

※Ver1.06にて「ゲームの終了時にエラーメッセージが表示されることがある」というご報告をいただいております。こちらの症状につきましては現在も調査中です。こちらの症状は再現性が低いため、修正にはお時間をいただくことになるかと思われます。ユーザーのみなさまには大変ご不便をおかけいたしますが、今しばらくお待ちいただけますようお願い申し上げます。エラーメッセージが表示された場合でも、ゲームの動作には支障ありません。

■Ver1.06 2003/06/25
●Ver1.04以前のゲームのセーブデータが正常に読み込まれない不具合を修正しました。
●一部の形式のMP3ファイルが正常に認識されない不具合を修正しました。
●一部の環境において効果音の再生が不安定になる不具合を修正しました。
●MIDI演奏において、データに含まれているSysExメッセージの送信タイミングを再調整しました。
●戦闘中、敵キャラに対して攻撃を行なった際、表示されるダメージ値と内部ダメージ値が異なっている不具合を修正しました。
●二刀流のキャラクターに攻撃力または属性の異なる武器を装備させた場合、それぞれの攻撃が“ダメージの大きい”武器に統一されてしまう不具合を修正しました。
●[キー入力の処理]にて、シフトキーの反応速度を調整しました。
●使用時アニメ(CBA)に[拡張]が選択された武器を装備したキャラクターが攻撃を行なうと、モジュール違反のエラーメッセージが出て、ゲームが強制終了してしまう不具合を修正しました。
●使用時アニメ(CBA)を[拡張]にした際、エディター上でのプレビューが正しく表示されるようになりました。
●イベントコマンド[文章の表示]において、文章の最後に半角『』がある場合に強制終了する不具合を修正しました。

■Ver1.05 2003/05/14
●「消費MPを半分にする」装備品を装備したとき、メニュー画面で特殊魔法を使用する時の消費MP欄に半分にされていない数字が表示されてしまう不具合を修正しました。
●味方のターン数によって起動するバトルイベントを組んだ際、本来であれば、そのキャラクターのターン時に即座にイベント(メッセージ表示など)が発生するはずなのに、キャラクターが行動を起こしてから(攻撃など)イベントが発生する不具合を修正しました。
●バトルイベントの開始条件を[戦闘コマンド]にし、その開始条件で始まるイベントで、その戦闘コマンドを選んだキャラクターを[メンバーの入れ替え]で外した場合、同じ戦闘中にその外したキャラクターを再び加えると、戻ってきた時にバトルタイムゲージが増えなくなる不具合を修正しました。
●[特殊技能]の「効果範囲」を「使用者」にし、「状態」を「治療」にした特殊技能をモンスターが使用すると、設定した「状態」に「変化」してしまう不具合を修正しました。
●開始条件が[戦闘コマンド]とほかに条件があるバトルイベントを組んだとき、ほかの条件成り立っていない状態で[戦闘コマンド]の条件だけが成り立った場合でも、イベントが開始されてしまう不具合を修正しました。

■Ver1.03 2003/02/05
●『RPGツクール2003』エディター上のアイコンの一部が表示されなくなってしまう不具合を修正しました。
●バトルイベントの開始条件を「敵キャラのHPが~%以上~%以下」にしたとき、指定した条件を満たしてもイベントが実行されない不具合を修正しました。
●戦闘時に特殊技能を使って敵を倒した際、ゲームが強制終了してしまうことがある不具合を修正しました。
●戦闘用キャラクターアニメーションに[拡張]を設定したキャラクターをパーティーに入れて戦闘を実行すると、ゲームが強制終了してしまうことがある不具合を修正しました。
●戦闘用キャラクターアニメーション[拡張]で設定した戦闘アニメが倍速で再生される不具合、を修正しました。
※今回の修正にともない、サンプルゲーム『ねこつかい』での戦闘キャラクターアニメの再生速度が一部遅く感じることもありますが、ゲームの動作に問題はありません。

■Ver1.02 2003/01/15

●バトルイベント[レベルの増減]で『レベルアップメッセージを表示する』を有効にしても、レベルアップの際に「レベルアップメッセージ」が表示されない不具合を修正しました。
●バトルイベントの[敵キャラのMPの増減]の定数が9999まで設定することができるようになりました。
●経験値曲線の設定で基本値を増やしていくと、レベル1からレベル2に必要な経験値がレベル2からレベル3に必要な経験値よりも多くなってしまう不具合を修正しました。
●バトルイベントの開始条件に主人公または敵の『HPが0%以上~0%以下』と設定した際、指定した主人公または敵のHPが0になってもイベントが開始されない不具合を修正しました。
●主人公のオプション[二刀流]にチェックがついていない状態で武器を装備せずに攻撃を行なうと、2回攻撃を行なってしまう不具合を修正しました。
●『RPGツクール2000』のゲームデータで、イベントコマンドの[ピクチャー移動]を使用しているデータをコンバートすると、そのイベントコマンドの[ピクチャーの移動]で、透明度の下の数値が、透明度の上と同じ数値にならずに0%になってしまう不具合を修正しました。
●『RPGツクール2000』のゲームデータをコンバート後、データベース[戦闘アニメ2]の基本キャラアニメ名の1~12に名前が設定されずに空欄になっている不具合を修正しました。
●[使用時アニメ]がブーメラン型の武器を作ると、投げるアニメーションが無限ループになってしまう不具合を修正しました。
●バトルイベントで、実行内容[条件分岐]の[戦闘コマンド~を~が選択]がうまく機能しない不具合を修正しました。
●バトルイベントの発生条件[戦闘コマンド]で[特殊]の効果を持つコマンドを設定した場合、発生条件を満たしていなくてもイベント内容が実行されてしまう不具合を修正しました。
●バトルイベントでイベントコマンド[メンバーの入れ替え]を行なった際に起こる不具合を修正しました。

■Ver1.01a 2002/12/28
●敵モンスターが1体でパーティーメンバーが2人のとき、1番目の主人公キャラクターが敵に攻撃を行い、次のターンでその主人公キャラクターが主人公キャラクターの2番目に対して効果範囲[味方単体]の特殊技能を使うと、ゲームが強制終了される不具合を修正しました。
●敏捷性1の敵モンスター、または主人公キャラクターが“敏捷性半減の状態異常”になると、「ゼロによる除算」のエラーメッセージが表示されてゲームが強制終了する不具合を修正しました。

●戦闘中に自分に対して“敵を通常攻撃する”状態になる特殊技能を使用して成功すると、ゲームが強制終了される不具合を修正しました。
●データベース[敵キャラ]の敵キャラの行動パターンを設定する際、行動条件の項目、種類[主人公平均Lv]をLv1~99まで設定できるようになりました。
●複数回攻撃できる武器で攻撃を行った後に特殊技能を使うと、その武器の攻撃回数分、特殊技能を使ってしまう不具合を修正しました。

■Ver1.01 2002/12/18
●戦闘中に主人公キャラクターに武器を装備させない状態で(素手で)攻撃をさせると、ゲームが強制終了してしまうという不具合の修正を含めて、戦闘まわりの動作を安定させました。
●『RPGツクール2000』ゲームデータのコンバートが、よりスムーズに実行されるようにデータベース関連の最適化を行いました。
●敵モンスターからの通常攻撃エフェクトアニメが戦闘アニメの1番に指定されるようになりました。ご注意ください。