SYSTEM機能紹介

01RPGツクールシリーズ初の歌唱楽曲

デフォルトの素材として、RPGツクールシリーズで初めて歌付きのBGMを5曲収録しています!英語の歌詞となっており、戦闘BGMはもちろん導入部分やエンディングでも使える曲となっております。

▼楽曲サンプル▼

歌/エリアンナ
父ブラジル人、母日本人とのハーフ。2003年DJ KAORIプロデュースでデビュー。東京オリンピック招致PR映像「Feel the Pulse」でダイナミックな歌を世界に披露。
ミュージカルでは『RENT』、『アイ・ガット・マーマン』『ウィズ~オズの魔法使い~』『ウィズ~オズの魔法使い~』『プリシラ』『ビューティフル』『メリー・ポピンズ』などに出演。「甲鉄城のカバネリ」・「Re:CREATORS」など人気アニメの挿入歌や多数のCMソングの歌唱も担当。

02豪華声優陣によるキャラクターボイス素材を追加

「RPGツクール」シリーズとして初めての同梱素材、キャラクターボイス素材を追加いたします。
本キャラクターボイス素材は、パッケージに描かれている8体のキャラクターをイメージして収録されたもので、声優の柿原 徹也さん安済 知佳さん藤村 鼓乃美さん鈴木 美咲さん橘 諒さん森 千早都さん外崎 大輔さん前川 綾香さんが担当、もちろん自作RPGの、どのキャラクターにも使用することができる、大変豪華な素材です。

主人公 カロルCV:柿原 徹也
くノ一 サクラCV:安済 知佳
獣人 メルディCV:藤村 鼓乃美
格闘家 シュンCV:鈴木 美咲
黒魔道士 マビィCV:森 千早都
鎧武者 アバンドCV:橘 諒
アラビアンナイト アランCV:外崎 大輔
人形 ピューパCV:前川 綾香

03より作りやすく!家庭用ゲーム機向けにチューニングした様々な機能!

イベント「移動設定」において、マップを見ながら移動ルートを設定できるよう、画面右にマップを表示し、画面左にコマンドを置くことで、一画面上で移動ルートの設定をできるようにしただけではなく、設定した内容に沿って、マップ上にルートが表示されるようにしました。

文章を装飾したいときに使用する「制御文字」については、装飾したいところの前で制御文字のコマンドを呼び出して設定できるようになりました。これにより、数多い制御文字をわざわざ覚える必要はなく、簡単に文章を飾ることが可能です。

ゲームをプレイしている際、意図した挙動ができないなどの不具合が発生したときに、どこで間違えてしまったのか確認できる「デバッグログの表示」が可能です。

マップを作っている際、間違えて配置したタイルをすぐに削除することが可能です。
エディットに関する、キー配置の変更が可能です。

イベント発生のトリガーについて、PC版『RPGツクールMV』のものに加え、「プレイヤーが特定の範囲に入った場合」「プレイヤー特定の範囲から離れた場合」「プレイヤーが特定の箇所に乗っている間」の3種類を新たに追加いたしました。

04「サイドビューバトル」と「フロントビューバトル」の混在が可能!

自由で多彩な戦闘システム

『RPGツクールMV Trinity』では戦闘画面を「サイドビューバトル」と「フロントビューバトル」の2種類から選んで設定することができます。さらに、PC版『RPGツクールMV』では基本的に一つのゲーム内ではどちらかの戦闘画面で固定されておりましたが、『RPGツクールMV Trinity』では一つのゲーム内で両方の戦闘画面を設定することが可能です!
また、敵の能力値や敵グラフィックの色、敵グループも自由に変更することができ、オリジナルキャラクターだけでなく、オリジナルの敵も設定することが可能です。

05コマンド選択で、簡単に計算式が設定可能!

ダメージの計算式について、固定の計算式だけでなく、自分で任意に設定することができるようになりました。PC版『RPGツクールMV』のような自由入力ではなく、コマンドを選択するだけの簡単操作で計算式を作ることが可能です。

06ストーリーを盛り上げるイベント演出も、簡単に作れる!

RPGではおなじみの「NPCとの会話」や、「特定のマスまで進むとキャラクターが自動的に動く」、「話かけると踊り始めるNPC」、「本を調べるとセーブできる」などのイベントも、『RPGツクールMV Trinity』では、設定したい内容のコマンドを選んでいくだけで、プログラムの知識が無くても簡単に作ることができます!

07タイルセットに、色替え機能を追加!

PC版『RPGツクールMV』ではできなかった、タイルセットの色替え機能を実装いたしました。対象のタイルセットを一括で色味変更をすることができ、自分だけのオリジナルタイルセットでマップを作成することが可能になりました。

08世界に一つだけのマップを作ろう!

『RPGツクールMV Trinity』では、RPGの舞台となるマップを「タイル」を使って自由に、そして簡単に作ることができます。
タイルのテーマは「ファンタジー」「SF」「和風」「中華」「アラビアン」「現代」「スチームパンク」「ダークファンタジー」8種類があり、これらのテーマのみでマップを作ることや、様々なテーマを組み合わせて複雑なマップを作ることも可能です。もちろんRPGツクールシリーズでは定番、完成済みの「サンプルマップ」も使えます。
「サンプルマップ」については、171種類のマップを収録していますので、これだけで手軽にRPGを作ることも可能です。

09会話部分で使える立ち絵画像を250点以上収録!

キャラクター同士の会話シーンなどで使えるキャラクターの立ち絵画像を263点を収録!
戦闘グラフィックのないキャラクターについても、対応しています。
一部対応していないキャラクターがございます。 キャラクタージェネレータ―で作ったキャラクターについて、立ち絵は生成されません。

10オリジナルキャラクターをゲームに登場させよう!

『RPGツクールMV Trinity』の機能の一つに「キャラクタージェネレーター」があります。この「キャラクタージェネレーター」では、顔のパーツや装飾、服装、色を自由に選んで組み合わせて、自分だけのオリジナルキャラクターを作ることが可能です。

11メニューの表示変更が可能!

メニュー表示について、縦レイアウトだけでなく、横レイアウトの選択も可能です。

12マップモードとイベントモードの切り替えは、ワンボタンで切り替え可能!

マップを制作するマップモードとイベントを設定するイベントモードの切り替えは、ワンボタンで素早く変更することができます。

13タイトル画面の編集が可能!

ゲームの顔となるタイトル画面について、背景や枠以外にウィンドウの位置、幅、暗さを簡単に設定することができます。

14リザルト画面の詳細設定が可能!

RPGで表示頻度が高いリザルト画面も、BGM、表示テキスト、ゲージの色など、詳細設定が簡単に行えます。

15イベントは、1000行の大ボリュームで実行可能!

イベント演出では、1000行分ものセリフや設定などが実行できるので、細かい演出が可能です。また、キャラクタやマップなど個人で作成したデータも項目ごとに「アクター」「職業」「ステート」「アニメーション」「タイルセット」「コモンイベント」は1000個、「スキル」「アイテム」「武器」「防具」「敵キャラ」「敵グループ」は2000個、「タイプ」はそれぞれ99個もの保存が可能で、オリジナリティの高いRPG制作を可能としています。